ブループラネット賞受賞者UNEP共同論文 Blue Planet Prize Laureates' UNEP Paper

旭硝子財団ホームページトップ > ブループラネット賞受賞者UNEP共同論文

ブループラネット賞が創設20周年を迎える2012年、第12回国連環境計画(UNEP)管理理事会特別会合本会議で歴代受賞者による共同論文「環境と開発への課題:緊急に成すべき行動」を発表しました。

ブループラネット賞歴代受賞者共同論文
環境と開発への課題:緊急に成すべき行動

2012年2月20日にナイロビで開催された第12回国連環境計画(UNEP)管理理事会特別会合本会議で、歴代受賞者を代表して英国のロバート・ワトソン博士が共同論文「環境と開発への課題:緊急に成すべき行動」を発表、本会議に続くサイドイベントでは、博士を含む3名の受賞者と出席者の討論会が開催されました。

歴代受賞者共同論文 環境と開発への課題:緊急に成すべき行動
   PDF
プレスリリース
(和)
(283KB)
PDF
プレスリリース
(英)
(64KB)
PDF
論文全文
(和)
(974KB)
PDF
論文全文
(英)
(2.6MB)


ブループラネット賞歴代受賞者共同論文要旨 記者発表

UNEPでの発表に備え、2月8日から10日にかけて第1回受賞者の真鍋淑郎博士を含む14名の受賞者がロンドンに集い、各人がそれぞれに執筆した論文を踏まえ討議し、共同論文を完成しました。会議最終日の10日には記者会見を開き、ワトソン博士が12項目のキー・メッセージを明らかにし、「気候変動や生物多様性の消失、貧困問題の解決のため、世界は早急に行動する必要がある」と訴えました。

歴代受賞者共同論文要旨
   PDF
プレスリリース
(和)
(239KB)
PDF
プレスリリース
(英)
(126KB)
PDF
論文要旨
(和)
(220KB)
PDF
論文要旨
(英)
(300KB)


  • 旭硝子財団について
  • 研究助成
  • ブループラネット賞
  • ブループラネット賞受賞者UNEP共同論文
  • 地球環境アンケート
  • ぐりんとウッドンの環境危機時計
  • 生存の条件
  • 刊行物
  • ファイル送付