研究助成 研究助成プログラムの構成

旭硝子財団では、国内研究助成の2023年度(2022年度募集)を下記の5つのプログラムについて実施します。
今年度より、「ブループラネット地球環境特別研究助成」プログラムを新設いたしました。
締切時期は、プログラムごとに異なるのでご注意ください(8-9月)。
海外研究助成は、タイのチュラロンコン大学およびキングモンクット工科大学トンブリ校、インドネシアのバンドン工科大学、ベトナムのハノイ工科大学の研究者に助成しています。

研究奨励 サステイナブルな未来への研究助成 ブループラネット地球環境特別研究助成 研究奨励 サステイナブルな未来への研究助成 ブループラネット地球環境特別研究助成

募集対象者/募集分野/選考

募集対象者

国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校に勤務し、主体的に研究を進めている原則として常勤の研究者。任期付研究者の場合には、当財団の定めたガイドラインがあります。

募集プログラムと対象分野

公募型

プログラム募集分野
1. 研究奨励
若手研究者による基礎的・萌芽的な研究提案を支援
化学・生命分野
物理・情報分野
2. サステイナブルな未来への研究助成
持続可能な社会の実現や地球環境問題の解決を目指した研究提案を支援
<提案研究コース・発展研究コース>
建築・都市分野
人文・社会科学分野
環境フィールド研究分野
5. ブループラネット地球環境特別研究助成 【新設プログラム】
SDGsの目標に沿った地球環境に関わる基礎研究から、これまでの研究成果を発展させて社会実装に向けた検証を試みる研究を支援(専門の異なる研究者との連携を推奨)
化学・生命分野
物理・情報分野
建築・都市分野
人文・社会科学分野
環境フィールド研究分野

継続型

プログラム募集分野
3. 若手継続グラント※
過去3年間に当財団からの助成研究を終了した将来有望な研究者を支援
化学・生命分野
物理・情報分野
建築・都市分野
人文・社会科学分野
4. ステップアップ助成※
過去3年間に当財団からの助成研究を終了した将来有望な研究テーマを支援
  • 対象者には当財団から通知します。

選考

各分野ごとに、選考委員が書面審査とヒアリング審査を行います(「研究奨励」と「サステイナブルな未来 提案研究コース」は書面審査のみです)。

研究助成の手引き(助成金受領者用、2022年版)

採択後の研究の進め方についてのガイドラインです。

ページトップへ